キャッシングオールマイライフ

キャッシングをする場合に耳にする総量規制ってなに?

キャッシングをする場合に耳にする総量規制ってなに?

 

キャッシングサービスを利用しようと思い、インターネットなどで調べてみると、必ず出てくる言葉があります。それが総量規制という言葉。例えば「銀行は総量規制対象外だから、おまとめローンが可能なのです」だったり、「消費者金融業者は総量規制の対象だから審査が厳しい!」など。

 

そもそも総量規制とはなにか?気になるところだと思います。ここでのテーマは「総量規制とは?」です。キャッシングする場合には必ず知っておかなければならないことなのでしっかり理解しておきましょう。

 

 

総量規制とは貸金業法の制度

消費者金融業者とは、経営する上で、必ず国に届け出をするのですが、これは「貸金業法に則って経営する」ということも意味します。そして、総量規制は貸金業法によって、つい最近に新設された制度となっています。中身は、年収の3分の1以上の融資をしてはいけませんという内容。したがって、年収が300万円の方は、最大で100万円までのキャッシングしかできないというわけです。

 

よく目にする限度額500万円という数字も、”最低でも”年収1,500万円なければ借り入れできないということになります。

 

 

誕生の背景には社会問題化したことが関係する

では、なぜ総量規制という制度が誕生したのか?理由は、制度が新設される前に、過剰な貸付が社会問題化したからと言われています。(社会問題化する前から元々あった話だったという説もあります)

 

ともあれ、はっきりとした理由は挙げられていませんが、根底にある部分は変わりません。とにかく、利用者が簡単に破綻してしまわぬよう守るために誕生した制度となっています。

 

ちなみに、本制度はあくまで消費者金融業者側に対する制度となっています。したがって、利用者側がもし1/3以上の融資を受けたとしても罰せられることはありません。

 

 

銀行はなぜ対象外?

冒頭でも述べたとおり、「銀行は総量規制の対象外」という旨の文面を目にすることが多々あると思います。なぜ銀行は総量規制の対象外なのでしょうか。それはすなわち銀行は貸金業ではないからなのです。貸金業法というのは、お金を貸すためにある業者、つまり消費者金融などのためにできた法律です。一方、銀行には銀行法という法律がすでに存在するのです。そして銀行法には総量規制はありません。

 

銀行も融資をしているじゃないかということになるのですが、銀行の主な活動は貸金業ではありません。あくまで業務の1つとしてやっているという構図です。しかし、お金を貸しているという事実がある以上、消費者金融と同様、過剰な融資を防ぐ必要があるというのも最もな意見です。